立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お前のウランがなんぼのもんじゃい?

ということで長きにわたり都合のいい自粛をしておりましたチャーリーブラウンです。
不定期新連載「お前のウランがなんぼのもんじゃい?」
スタートです。
とにかくいろいろ私なりに斬ります。

今回は韓国の映画監督キム・ギドクについて語りたいと思います。
みなさんはこの名前を一度は聞いたことがありますか?
ある…?
それはおそらく違う監督です。
韓国人はとかく日本人からすると名前がややこしいので本当に違うかもしれません。
まず私がよくキム・ギドクの映画を観るようになったのは非常に殺されかけたよくしてくださったOGの方に薦められたのがきっかけでした。これが意外と当たりで色々観たのですが面白いです。
彼は軍隊出身で異色の経歴を持つ映画監督とされており、映像出身者でないがゆえのその独創的な発想は世界の映画祭でも注目を浴びるほどで、韓国の北野武などと呼ばれています。

北野武は観てないなぁ、などと思った人はこいつより北野映画観た方が身になりますんで先そっち観てください。

だいたい観た映画は「悪い男」、「魚と寝る女」、「悲夢」ぐらいですかね。

「悪い男」
見るからに悪そうな男(というかやくざ)と美しい女子大生の愛の話だそうです。
街で男がフランクフルトを悪そうにかじっていると、彼氏らしい男といる女子大生の姿が目にとまります。
やくざ、みとれます。
みとれた末に、男は強引に女子大生にキスします。
まさにズギュゥーッン!という擬音が聞こえそうな強引なキスです。
必死に女子大生は男を引きはがそうとしますが敵いません。
彼氏が後ろからビンドツいてもキスをやめません。
このまま誰もこの男を止められないのかとおもっていると、
そこは韓国。軍隊さんが通りかかり、数人がかりで押さえ込まれ女子大生にビンタもらってお釣りに唾までもらってその場は終息します。
これは冒頭5~10分ぐらいの出来事です。

そこから男は女子大生を罠に嵌めて脅してHなお店で働かせます。
Hなお店というのもキャバクラのような会話を楽しむようなお店ではなく、
本当に女性の地位・尊厳を低く見ているようなお金払ったお客にそういうことさせるお店で、
部屋こそあるものの、それはさながらコールガールや売春婦です。
まったく飲み込めない現状に失意のどん底に堕ちる女子大生。
そして、その娘とお客がするのをすりガラス越しに眺めている男。
この男、女子大生が憎いのか?好意の裏返しなのか?それとも何かあるのか?どうしてこの女子大生だったのか?
すべての謎は明かされます。
あまり明確には明かされませんがヒントは随所にあります。
そして、観終わったときには本当に「悪っるぅ!」と言ってしまうでしょう。
私は本当に言っちゃいました。

「魚と寝る女」
これはあんまり見なくていい気がするのでさらっとだけ言うと
日本的に言うと釣り堀がありまして、
そこにはプレハブの小屋が一つの島となっていてそれがいくつも浮いていてお客はそこで釣りをするという幻想的な釣り堀なのですが、
そこの女管理人が魚と寝ます。
だいたいそんな話です。はい。

「悲夢」
この映画はキム・ギドクがオダジョー使ったって言うんで気になってて最近観た映画です。
内容は、別れた彼女と夢の中で会えて幸せな男と別れた婚約者と夢の中で会ってしまう不幸な女の話です。
二人の夢はどうやら繋がっているらしく、
かといって夢同士が繋がっているわけではなく、
男の夢と女の現実が連動してしまうのです。
つまり、
男が夢で愛してた恋人とルンルン手と手を取り合ったら、
女は現実で二度と会いたくない相手と手と手を取りに行ってしまうのです。
これに女ブチ切れです。
もう「オダジョーあんた二度と寝るんじゃねー!」です。

いやはや韓国の女性はお強いです。
全編通して日本語しかしゃべらないオダジョーとなぜか会話が成立するところといい、
オダジョーが眠気に耐えるサマといい突っ込み所はいろいろありますが、
毎回「男と女」をやってるのに飽きさせない設定の妙。
観る者をぐっと引きつけてくれる緊迫の展開。
「悪い男」はごりごりしてて好きですが、
「悲夢」は映像も洗練されてきてシュッと観れます。

他に面白い韓国映画知ってる方はまた声をかけてください。

ではでは。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<火曜日ではなくて日曜日です 第七回 | ホーム | 消しゴム5回目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。