立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

また火曜日ですが日曜日の第四回

はい、日曜日担当のジョーです。
もう火曜日ですが、やはり書かないと連載にならないので2日遅れながら書かせていただきます。

 先週も先々週と同じようにほとんど映画を観ていないのですがとにかく1作品取り上げます。
 今回はまたO・ヘップバーン主演の作品「おしゃれ泥棒」です。監督はウィリアム・ワイラー。「ベン・ハー」などの大作を手がけた監督です。ヘップバーンとは「ローマの休日」などがあります。
 あらすじは書きにくいので省きます。まあ、タイトルどおり「泥棒」するのです。どう実行するか、なぜ盗むのかは観てみてください。

 さて今回のヘップバーンの共演のお相手は名優ピーター・オトゥール。このオトゥールがいい。「アラビアのロレンス」は確かに面白いけどなんかロレンスの性格がよくわからないような演技をしている。「将軍たちの夜」という映画では彼は一度も笑わないからやはりどこか物足りない。しかし「おしゃれ泥棒」ではだいぶ違ってよかった。いたってまじめだったり、時折おとぼけたりして観る人を軽く笑わせてくれる。なるほど、この人はこんな演技もできるのかと納得した。
 ヘップバーンの魅力はもう書く必要はないと思われます。やはり映画を観てみてください。

 全体的に(爆笑ではないけど)笑いどころがあるので、そういう点でも面白い作品です。もちろん話が話なので無理やりな感じはあるけどこれまた鑑賞して損はないと思います。

今回はここまで。次こそしっかり日曜日に書きたいと思います。では、さようなら。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<本当は。 | ホーム | おひさしぶりです>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。