立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新人上映会アフターレポート

どうも。
最近「あれ、木星」と夜空を指して教えてくれたのは、見ず知らずのおじいさんでした。抹茶です。なぜか、抹茶は知らない人によく話しかけられます。対応に困ります。そっとして置いてください。

前置きはこの辺にして、かなり遅くなりましたが新人上映会「We are the world ~青い地球に生まれてよかった~」のアフターレポート(という名のメモ)をつづりたいと思います。この前同志社大学さんのレポしたばかりなので、「またか・・・」と思われる方・・・すみません。今度のレポは迷子になってないので、そんなに長くは無いです。前回同様、抹茶に対するイメージを一度忘れてから読んでいただける方は「続きを読む」からお願いします。
091015_1403~02
はい、受付の一部です。今回は10月14日と15日に衣笠キャンパスにて行った上映会のレポートになります。
受付に行ってみてびっくり、たくさんのにんげん君たちがテーブルやテレビを結界さながらに取り囲んでおられました。彼らはずっと接客業ですね。黄緑の彼は若干への字ですが。お疲れ様です。
091015_1403~01


一日目は、昼ぐらいしか参加できなかったのであんまり書くことを思いつけません・・・。オペに入って初めてまともに「ロバの耳」を見たことぐらいしか・・・;あ、お昼にちょっとだけ小雨降りました。ベンチの移動がちょっと大変でした。
オペの時の合間の休憩時間に客席を振り返ってみたら、いつのまにやら団体さん(注:抹茶にとって「3つ」以上を「たくさん」とする場合が多い)がいたときは嬉しかったですね。案内の方は大変だったでしょうけど;

二日目・・・午後からちょっと長くいました。なぜなら、「ヒゲキカンゲキ!」を観ていなかったからです!の前に!受付にて、一緒のシフトに入っていた先輩と話していたら、いきなり話しかけられました。右斜め後ろから。そこは・・・受付じゃなくて死角だよ?というか背中ガラ空きだった抹茶がいけないのか?!そうなのか?!しかも、彼が名乗らずに用件だけ言ってくるので面食らいました。(ちゃんと、先輩に対応していただきました。ありがとうございました。)最近の若者は・・・怖いです。

じゃなくて、上映会についてですね。一回生のある方がたによる友達の引き入れ?はすごかったですね。それぞれの業務はどのような感じだったんでしょうか?案内と受付の方は外から見えるところにいたりするので分かるのですが、アナとオペは完全に閉鎖空間ですよね。もっと業務について学ぶべきところが多いです、自分;今回は受付を二回ほど担当させていただきましたが、お客さんが来てくれたときが嬉しいときであり、出番であり。落ち着いた営業スマイルが欠かせない役割です。
基本ちょろちょろしてたので、二日目といえど抹茶には他に書けるものが何もないような気が・・・。後はシフトが入ってなかったので、ずっと呼び込み&ビラ配りしていました。でも東門の近くということもあって、授業開始前または終了間際になると人が押し寄せるのですが、もう「今日も一日お疲れさん、さぁ帰るぞ!」って雰囲気の人が多いように感じました。なので、次回からは空きコマを持て余している人にも焦点を当てて呼び込みしてみようと思います。

「記念」に。091015_1404~01

後・・・今回の反省会は自分にはとても勉強になりました。改めて部活動とはどういうものであるかを考えることができ、これまでの自分の関わり方も省みる機会となりました。ありがとうございました。そして、上映会お疲れ様でした。

今回のレポート(も)ですが、内容等何か問題があれば教えてください。まだまだ至らない者が書いていますので、力を貸していただけると嬉しいです。
では、結局(要らない部分が多くて)長くなった気がしますが・・・ここまで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<「女の子は甘いものでできている」レポ | ホーム | Touch.>>

コメント

麦茶。です。
「3つ以上がたくさん」、
といえば昔観た名作劇場的なアニメで主人公の知り合いになった遊牧民的少年が「3つ以上はたくさん」的なことを言ってた的な記憶的なものがある的な気がします。

変なの、
と主人公が訝しがると物知り顔の大人が

オーストラリアのある部族では、
動物が貴重な食糧源であり、動物を数える際に1・2・3を表す言語はあるがそれ以上は何匹いても同じ(満足)ということでたくさんにカウントされるのだという。

などと言い出し、
その場が「へぇ・・・」な空気になっていたことを思い出しましたが、まさか謎のイラストレーター抹茶さんは実はオーストラリアの遊牧民!?
2009-10-20 Tue 04:36 | URL | 麦茶。 [ 編集 ]
まさか、我が映画部の上映会に潜入するとは!

さすがですね!


敵をだますにはまず味方から、獅子身中に虫ありってやつですね!すごいです!

次はどこに潜入していただけるのでしょうか。
シネックとか部室なんかも楽しそうですね。

とはいえ、抹茶さんのことなんでただのレポートじゃない期待の斜め上を行く企画をしてくれるものと期待しています!



2009-10-20 Tue 23:12 | URL | mamoru [ 編集 ]
オーストラリア遊牧民の斜め上を飛ぶ虫・・・その正体は抹茶です。

文字ばかりで読みにくいレポなのに、その上コメントまで・・・本当にありがとうございます。次の潜入先ですか?まだ未定ですが・・・その前に、それはまたレポ書いても良いということですか?では、頑張って潜入先を探してみます。

2009-10-22 Thu 20:24 | URL | 抹茶 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。