立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

10/23のツイートまとめ

ritseigabu

続き泣きたいなら映画を観ればいい、小説を読めばいい。それをたかだか数百字のインスタントなもので軽く読んでヒイヒイ泣く行為は、非常にうすっぺらいものであると私は思います。
10-23 22:47

中の者の極めて個人的な感想なのですが、時々タイムラインを流れてくる、泣ける話というものがとても嫌いです。「泣けるからどうしたの?」といつも思ってしまうのです。わざわざ悲しいもん見て泣く行為は私にとっては非常に不快です。続く
10-23 22:43

以上、7作品です。このうち、「Gaijin」と「SWAN SONG」は以前の上映会で上映したものと同じです。見逃された方はぜひともこの機会にご来場下さいませ。それ以外の5作品は新作となります。
10-23 02:43

7.「はらい」10分野村知志監督ネタが受けない芸人が変わっていくさま
10-23 02:41

6.「幸せ、不幸せ」20分井上潤平監督大学にも慣れてきたAは一人の女に恋をするが、この女どこかおかしい
10-23 02:40

5.「TOY MACHINE」15分アントワ・ジャクソン監督バイカーと薬物中毒者の話。
10-23 02:39

4.「SWAN SONG」40分安里咲記監督「鳥之将死、其鳴也哀。人之将死、其言也善」鳥の死にぎわの悲鳴には、人の胸をえぐるような悲痛さがこもっている。人が死を前にして言うことばには、真実がこもっている。 出典:故事ことわざ辞典
10-23 02:38

3.「Gaijin」15分ミランダ・ベネット監督外国人が日本に居る時の生活について
10-23 02:37

2.「はめつ 種のひまわり」50分八島輝京監督沖縄基地問題を追う第二弾。今回は高江のヘリパッド建設工事を止めようとする人々を録る。
10-23 02:36

1.「IDEALIZATION」11分本郷智也監督人が感情を持たない世界で一人感情を持つ少女が、理想の世界を創ろうとするが....本作品の予告編も併せてご覧下さいませ。http://t.co/X0zRhVLFNP
10-23 02:35


さて夜中ですが作品の紹介をしていきたいと思います。
10-23 02:31

2013年度立命館大学映画部学祭上映会のポスターはこちらになります。現在、学内で配布しておりますので、宜しければお受け取りくださいませ。 http://t.co/6iEsUg5GFL
10-23 02:29

学祭も近づき、少しずつ慌しくなってまいりました。立命館大学映画部では学祭において7本の作品を上映いたします。BKCでは11月2日にアドセミナリオA311にて、KICでは11月10日に充光館301にていづれも12時30分より17時30分までです。どうぞお越しくださいませ。
10-23 02:23

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11/02のツイートまとめ | ホーム | 10/16のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。