立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

F.B.I.10月上映会レポ

レポなどと銘打ってみましたが、これは僕(抹茶)が同志社大学さんへの行き方を忘れないようにするためのメモみたいなものです。いや~・・・キャンパスが広いと大変ですよね。あ、立命もか。
読んでみたい方は「続きを読む」からどうぞ。ただし結構長いです・・・覚悟してください。後、僕が若干おかしくなってます。抹茶に対するイメージを一度忘れてからお読みください。
「本日、12時より。」ってことで、午前中のうちに家事片付けて1時半過ぎに出発。わーい、バスの乗換えが2回もあるよ。しかも今出川通りは行ったことがない・・・地図さえあれば何とかなるさと楽観思考でバスに乗り込む。一度迷いかけるも、学生らしき人たちが通ったので後をついて行ってみると、やったー「同志社大学」到着。

在校生を装って侵入(←誰も気にしてはいない)。ずんずん進むと、さすがというかなんというか・・・教会みたいな建物があると思ったら、純白のドレス着た人が・・・・結婚式・・・ですかね??大学で・・・?まあとにかく、おめでとうございます。と心の中でお慶び申し上げる。が、ここで問題点浮上。肝心の上映している施設が見つからない・・・!焦ってメールを出しまくる。くせにじっとしていられない性分なので、返事も待たずにうろうろ開始(迷子の鉄則)。あ、キャンパスから出ちまった。ふと見ると、道の反対側の敷地にも似たような赤レンガの建物が。一縷の望みをかけて急行。建物の前でビラ配りをしている人に声をかけるとF.B.I.の方たちでした。救いの天使のラッパが鳴りました・イン・ザ脳内。
091010_1657~01
上の飴はパンフと一緒にもらいました。ちょっとうれしかったです。
あー、行くまでがかなり長くなりましたね。これから本編ですが、ネタばれがあってはいけないと思うので全体的な感想とちょっとしたことを。

F.B.I.さんは「映画」だけでなくPVや動画など、多彩なジャンルで上映されていて面白かったです。印象に残っていることとして、上映本数が多い!Aプログラム、Bプログラム、Cプログラムと分かれていて僕は最初の二つのプログラムを観ました。これだけでも、12本です。ただし、本数が多いとは言っても、中には3分間のものや2分間のものもあってそんなに長時間とるプログラム構成ではなかったです。あ、観てませんが、Cプログラムは45分の大作を上映されたそうですね。観たかったです。また、プログラムごとに上映するためか、休憩に入る際に次の上映時間の予告がされるのでちょっと気持ちに余裕が持てました。
初めて他大学さんの上映会にお邪魔したのですが・・・テイストというか、なにか雰囲気的なものがやっぱり違っていましたね~。F.B.I さんのところのは、「映画」だけではなかったからか「あ、このシーンきれいだな」とか画面に集中できる作品が多かった気がします。

1時間半ほど観て、ちょうどいい感じに休憩が入ったので帰ろうと外へ。お天気雨が降っていましたが知り合い(迷子になって迷惑かけました、ごめんなさい。ありがとう)を見つけてちょっと話していると、立命館映画部ご一行様が!入れ替わりになっちゃいましたね~・・・と思いつつ帰宅しました。



・・・・・・・・・帰宅・・・・・したかったんです・・・・・・・。
バス停に立っていると、旅行者らしき外国の人が。なんか地図片手に持ってるな~バス停一生懸命見てるな~・・・
「Excuse me?」
来た・・・・・・・・・・・・・。
あいむ あ すとれんじゃーひあ。って言えば良かった・・・・・・。その人に付き合ってバス三本ほど逃す。結局意思疎通はしたものの、肝心の場所は分からず。彼はどこまでもまっすぐ歩いていったことでしょう。僕は・・・・ただ彼を見送りました。ぐっどらっく!

ここまで来てくれた方・・・もしかして勇者ですか?こんなぐだぐだレポですみませんでした。問題があればご連絡ください。対処します。あと、携帯からの方、こんなに長くなって本当にすいませんでした。
091010_1551~01
以上、抹茶による抹茶のためのF.B.I.レポでした。
F.B.I.の皆様、上映会お疲れさまでした。それから、撮影&掲載許可、ありがとうございました。またお邪魔したいです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<私の仕事ってどうでしょう? | ホーム | 日本のスクリプトドクター>>

コメント

なんというか・・・お疲れ様です。
お茶界の二番煎じ麦茶。です。

他大学の団体さんとはやはり雰囲気が違うので、色々観て自分の好きなものを見つけるのもいいですね。

それから、
どことなく「ありゃりゃ・・・」と言いたくなるその境遇といい・・・
かなり重度の迷い人っぷりといい・・・個人的には
抹茶さんを「ありゃりゃ木」さんとお呼びたいです。

すみません。
うそです。
ただの西尾維新好きです。
2009-10-11 Sun 00:50 | URL | 麦茶。 [ 編集 ]
同志社に単独潜入までしてくれるなんて、今年の新人は僕の期待を異常なまでに喚起してくれますね。

最高です。

これからが楽しみすぎます。



次はどこに潜入されるんでしょう。
スタンドアローンな感じがまたいいですね。

あだ名

ということで僕としては和製ドゥームズデイ。
映画部の女スネーク・プリスキン
の称号を(勝手に)彼女に与えたいです。
2009-10-12 Mon 10:30 | URL | mamoru [ 編集 ]
コメントありがとうござます。

お茶仲間が増えるのは・・・良いことですよね。例え自分のHNと見間違えそうになっても。冗談です。n番煎じでも大歓迎です。

えーと。何だかあだ名やら称号やらをいただけているようで・・・ありがとうございます・・・?
ご迷惑じゃなければ、第二弾レポもしたいと思います。近々。抹茶を止めるなら、今のうちです・・・
2009-10-12 Mon 20:55 | URL | 抹茶 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。