立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブッチとサンダンス 日曜第16回

はい、ジョーでございます。
まだパソコンは修理に出している状態なのでまた図書館で書いております。

 TOHOシネマズ二条でやっている午前10時の映画祭なるものにまたいきました。今回の上映作品は「明日に向って撃て!」でした。この前の「スティング」と同じジョージ・ロイヒル監督、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード主演。
(チケットの半券を見てみたら「明日に向って撃て!」って書いてあって、映画をなめている劇場だなあとつくづく感じました。隣のシアターからは「アバター」の爆音の振動は伝わってくるは、邦題もろくにかけないはであまりよろしくない劇場です)

「明日に向って撃て!」は一度BSで観たことがあったけど、今度はでっかい画面で観たいと思っていってきました。
はじめてみた時も感じたことですが、正直、物足りない感じがあります。全体的に静かでおっきな盛り上がり場所がないからです。
話としてはP・ニューマン演じるブッチ・キャシディと、R・レッドフォード演じるサンダンス・キッドの二人のガンマンが強盗を繰り返していく異色の西部劇です。

この作品にはそこまで派手なシーンは多くないです。それでも、列車を爆弾で吹っ飛ばしたり、追い詰められた二人が崖から飛び降りたりなど、ちょこちょこ見せ場あり、笑いありであきさせないでくれます。また、「雨にぬれても」などの歌や、強盗を働くときに流れる音楽も印象的です。
そしてなんといってもラストシーン。このラストがこの映画のすべてです。まあ、いつか観てみてください。


今日はここまで。早くパソコンが直るといいなあ。
では、さいなら~。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ね、眠い… | ホーム | ヤッパブタ>>

コメント

明日に向って撃て!はいいよね。
所帯なんか持ってやるもんか!落ち着いた人生楽しいか?な感じ大好きです。
老いが迫っても、バカやって、おんなじことして死んでいく、そんなミックジャガーみたいなひとは素晴らしいと思う。
2010-02-22 Mon 09:00 | URL | mamoru [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。