立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

04/28のツイートまとめ

ritseigabu

続きだが現実にこういう世界があり、そういう事実があった。それだけは変わらぬらしい。しかしながら価値観が違いすぎて中の者には誰が悪いのか分からない。主人公だけが悪いのか?いや違う。では社会が?社会って何だ?いわば公開された藪の中である。是非是非観に行っていただければと思う。
04-28 00:37

中の者の心の中にはこの作品を「悪夢」という幻にしてどこか見えない処へ早く仕舞ってしまいたいという気持ちが働いているようだ。頼むから悪夢であってくれ。はやく皆で手を繋いでカーテンコールをして欲しいと強く思った。続く
04-28 00:33

中の者は本日京都シネマにて「アクトオブキリング」を観てきた。一言で言えば「悪夢」であった。毎晩主人公がうなされる悪夢であった。もはやドキュメンタリーか劇映画かなどという議論はこの映画の前には不必要である。全てが劇で在って欲しい、そう願い続けて観る映画であった。
04-28 00:30


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。