立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010年 映画ランキング!

久しぶりの投稿失礼します。
mamoruです。
ブログが過疎ってきてるみたいなので今回一企画立ち上げました。
2010年映画ランキング!!です。
2010年に制作された映画の中でみたものに勝手にランキングをつけるというただただそのまんまの企画です。
他の部員さんたちにも頼んでおいたのでそのうちまた更新されるでしょう。部員の中でお暇な方、もしおられれば参加していただけると嬉しいです。

なおこの順位付は個人的な感情によるものであり客観的な指標では一切ありません。そのへんはご理解ください。

それでは始めます。
()内は僕のコメントです。



2010年映画ランキング!(mamoru Ver.)

1トイストーリー3
(子供のときからついてた「俺」とお別れ。一晩寝れませんでした。こんな感じになってすんませんウッディさん。
3D映画なんて400円高いだけと思ってた僕の考えを正してくれた短編デイアンドナイトも素晴らしかった。)

2 ブルーノ
(笑いとるなら腹くくれ!ゲイ差別を批判しておきながらゲイ側からも非難された孤立無援のジョーカー!!これがコメディアンだ!!)

3第9地区
(鑑賞直後のtwitterより引用
すげえすげえ!!!パーンてなるの!!!人が!!!パーンてなるの!!!人がさあ!!パーンって!!!一瞬で!!モノになっちゃうの!!パーンて!!!主人公変身してからマテリアルってよばれるの!!モノなの!カオスなの!!野蛮なの!!でめえら皆俺の敵だあ、かかって来いおるぅらあなの!!!冒頭ディストリクト星人ブラジャーしてるの!!斧持ってさ!!カオスなの!!差別とかどうでもいいの!!酷いの!自己中なの!ドロッドロなの!!見た目も世界観も内面もドロッドロドロッドロしてるの!!けどやるとこはやってんの!頭はあるの!けどんなもんクソ喰らえなの!!そこがすげえの!!!)

4 エクスペンダブルズ
(完璧な映画です。ドルフラングレンの持ってたショットガンがろくに発砲されなかったことだけが心残り。)

5 13人の刺客
(斬って斬って斬りまくれぇい!!
「みぃい、みなごろしぃいぃ」に鳥肌ゾワワ。最初の正統派時代劇があるからこそ引き立つ泥まみれの殺し合い。みんな嬉しそうに死んでいく。おかしくなって死んでいく!!ヘルシング的な世界観を初めて実写で見せてくれた!)

6黒く濁る村
(最近の韓国映画が面白すぎて辛い。この作品も被害者と加害者が一気に入れ替わるという第9地区な事をサラッとやってくれます。ただ、そんなことより特筆すべきは村長ですよ!村長が街のライトを点けるだけのシーンで、村がもともと監視社会だった事がわかってしまうという演出、村長の苦労が思い起こされてやばいです。よくぞ一人で頑張った。ヤンデル教祖に対してキレた時の本気なツンデレもヤバいです。逆転を狙って散漫になったラストに不満。俺の村長を返せ!!)

7 渇き(何はなくともソンガンホ。)

8母なる証明
(こんなもの見たことないというものを見せてくれる稀有な監督。根本にあるのは「不条理」と「無能さ」への恐怖。世知辛いもんです)

8 500日のサマー(猛省。)

9ヒックとドラゴン
(ピクサーがなんぼのもんじゃい!!俺たちゃドリームワークスだ!失ったモノすらカッコイイ。飛行シーンの爽快感はアバターを遥かに超えてる。)

10息もできない
(暴力映画かと思えばさにあらず。暴力に破壊されている家族の心情を描いた作品。デビュー作とは思えないくらい上手い。)

11 インセプション
(そこまで好きになれない)

12 プレシャス
(ラストに明確な救いがないのに前を向いているのが素晴らしい。完全に男が悪役となった映画としても新しい。)

13 アウトレイジ
(顔の隠し方が新しい。ドジっ子+権力者=石橋蓮司)

14プリンセスと魔法のキス
(ディズニー乗っ取り計画 完了)

15冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
(トーさんは今日も平常運転。鉄くずゴロゴロシーンのような幻想的でスペクタクル映画みたいな銃撃戦をとれるのはこの人だけです。幻想的な映画監督が銃撃戦撮ってたってイイと思うんだ。)

16映画ハートキャッチプリキュア !花の都でファッションショー・・・ですか!?
(サブタイトルにファッションショーと付けばファッションとは?まで描写する真面目さ。侮るなかれ。)

17カラフル
(奥さん+給油ポンプ=麻生久美子)

18借りぐらしのアリエッティ
(巨人を操るアリエッティにぐっと来た。日常の中の非日常を描いた映画なのに、自然回帰話になってるのが気になる。自然に帰るつったって、皆が好きなのはビスケット潰してるような文明的なアリエティなんでしょ。ハヤオさんがいなくなるとそのへんがどうなるのかが気になる。)

19涼宮ハルヒの消失
(ツンデレがいる日常は本当にあなたの現実ですか?)

20告白
(pv映像が疲れる。登場人物を突き放した、あの距離感で撮られた作品を好きにはなれないです。)

21スペースバトルシップヤマト
(船内が狭すぎる。いろんな映画の影響が見えすぎて同じような作品が好きなものとしてはやむにやまれない悲しい気持ちになってくる映画。CGヤマト主砲撃ちまくりシーンは好き。)

22大奥(男優たちを外してない時点で勝ったようなもんの映画)

23シャッターアイランド
(バタバタと兵士が撃たれるシーンに唖然。あんな演出しかできないなんて、これからまたキチガイが暴れる映画を撮ることなんてできないじゃないか!!)

24セックスアンドザシティ2
(悩んでしまう。)

25踊る3
(日本映画もここまできた!世界に挑む衝撃の問題作)


・・・・・・・・
なんか思ってた以上に僕はどうしようも無い人間のようです。心の琴線が憎い。さぁて、他の皆は何を書いてくれるかなあ。

続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。