立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

消しゴム七回目

すみません、正月休みで更新が滞ってました。mamoruです。
今回は久々に新作を見てきたのでそれについて
そうジェームズキャメロン監督12年ぶりの新作!「アバター」についてです!

もちろん3Dで見ましたよ!

今回はかなりネタばれ覚悟で書きますんで未見の方や興味のある方は読まないことをお勧めします。
っていうか完全にネタばれです。












以下 ネタばれ注意

あらすじ
(まあ、ほとんど予告のまんま)
足の不自由な軍人が部族の女に出会って恋をして人間側を裏切るという話。

ネタばれ注意と書いといてコレか!と怒られている方もいるかもしれません。が実際「アバター」のストーリーなんてこんなもんなんだから仕方ありません。
・・・・とりあえず表向きは

そう、この話もちろん裏があります。

それはアバターを介しての世界がモロにゲームの比喩であるということからわかる話です。

のあらすじ

現実世界ではさえない俺が、アバター使えばスーパーマンになってモッテモテ!

そう、こんなモロにインディアンとの交流から持ってきました、みたいな話のくせにやってることは
マトリックス
なんですよ、この映画!


マトリックスってのはネットの中では凄いハッカーだけど現実世界においては駄目サラリーマンである主人公が、モーフィアスたちに会うことによって実は現実世界のほうこそが間違った世界だと教え込まされる話でした。
お前ホントは救世主だ!人類は皆、体制側で悪だ!ってなやつですね。オウムの洗脳と一緒です。


だからこそ敵は、その信仰に揺さぶりを掛けてくるわけです。
エージェントスミス(日本で言う鈴木、佐藤、並みにありふれた名前。他意なし)と名乗るオッサンが
お前ハンドルネームはNEOとか言ってすましてるけど実際はアンダーソン君(これまたよくある名前。仮に田中君とする。他意なし。)だろうって言ってくるのはそういう意味です。
サラリーマン鈴木さんと次の救世主を名乗る田中君の話と聞けばニュアンスが伝わるのではないでしょうか。
そんなこんなで最終的に田中君はレジスタンスの中で素敵な彼女を見つけて悟りを開き、信仰の力によって鈴木さんに打ち勝つのでした。ってのがマトリックスのあらすじです。

アバターもほぼ一緒の展開をなぞります。
ただ、それがマトリックス以上に分かりやすく、直接的な表現で示され、なおかつヤバい領域まで突っ込んでいるのです。

たとえば、
アバターに入ってる時に、父性の象徴である軍人のオッサンが、「このへなちょこ野郎!ゲームなんてやめろ!」と
ロボットに乗ってまさに鉄拳制裁しに来る。とか
その闘いで主人公を救ってくれるのがゲームの中の女の子であるとか。
仇役は軍人なのでもちろんマッチョ、味方は科学者たちでもちろんなよなよしい、一人いる強い女も完全にキャメロンの趣味というあまりに完璧な布陣とか。
ケーブル一本で心と心はつながると言っちゃう件とか
しまいにゃ、一生アバターとして彼女と暮らすと言い出す主人公などなど

総合して一言で言うならば、
要は2次元に行ってしまう男の話なのです。(3Dだけど)

現実が幻想ととってかわるというのは「胡蝶の夢」以来、古くからあるテーマですが
これをこうもゲームとかネットに限定して!
しかもアッチ側に行くことを肯定的に描いた映画は珍しい!
というか
どーしたんすか、キャメロンさん。大丈夫っすか

と一言掛けたくなるような映画なのです。

・・・・・・

そんなアバターは全世界で10億ドル以上を売り上げいまだにその興行収入を伸ばしています。興行成績トップ1、2はジェームズキャメロン監督作品二つで埋まるというのが大方の予想です。

凄い世の中になったなあ!

psちなみにアバターはもちろんマトリックスよりも早くゲーム的な生活と現実生活の入れ替えについて描いた日本映画があります。それが「ドラえもん のび太と夢幻三剣士」です。90年台半ばにはこういうことをやっちゃってるF先生が好きだ。
  
スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。