立命館大学映画部 ブログ版

立命館大学映画部のブログです。 基本的に更新、交流などはこっちで行う予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おひさしぶりです

お久しぶりです、レロレロレー田村です。

が、今回からレロ田村と名乗ります。
何故かというと、長いからです。

なんだかぼんやりしているうちに三週くらい休んでしまい、すみません(´A`)
映画の脚本を書いていたのですが、
悩みまくって、後輩に相談してまわったり色々したのですが
結局出来たのは撮影日前日でした。
ほぼ一夜漬け…。

いっそ開き直って撮影日までブログ更新とかしたほうが良かった気もします。

…では 今週も張り切っていきましょうか!
『レロレロレー田村の闘牌伝説!』
第二回・Gという名のあいつ


皆さん、前回の連載を覚えていますか。

yakei

こんな↑写真がありましたよね。
覚えてない人は確認してください。

あの写真は、ブログを書く途中でベランダに出て撮ったものです。
普段撮らないようなオシャレ写真を撮った私は
興奮しながら、ブログを書き上げる作業に取り掛かりました。

その時、聞いてしまったのです。  "カサッ″という音を…

そして間違いなく見てしまったのです。
テレビの下に置いている空き箱に G がいたのを。

あいつはその姿を見せ付けた後、本棚の後ろへと走っていきました。
なんということでしょう、
写真を撮っている間に、我が城に侵入を許すなど…不覚。

私もキャーキャー言う歳でもありません。
すぐに常備してある殺虫剤を手に取りました。
絶対にあいつを生かしてはおけません。

ここで逃げられて巣でも作られてしまったら
私の夢の一人暮らし生活は、一気にGとの同棲生活にランク落ちてしまいます。

まずはテレビ・本棚の後ろにまんべんなく攻撃します。
追われて壁を上っていくあいつに再び殺虫剤を噴射します。

床に落ちたところに、これでもかというほどスプレーします。
最初は奴も動いていましたが、そのうち動かなくなります。

勝ったのです。
気づいたら殺虫剤で床がベタベタでした。
こんなにかける必要は無かったな。
途中で絶対死んでたもんなあ。
でも怖かったしなあー。
なんでアイツは体の割りに足が異常発達しているのでしょう。
足に突起とかいらないよね、ぜったい。

こうして、私は部屋を守ることに成功しました。
こんなに嬉しいことはない。

別の話になりますが、
私は戦わずしてGに勝ったことがあります。


私の実家の自分の部屋は二階にあるのですが、夏暑く 冬寒いです。
何故だか分かりませんが、夏は家の中で最も暑く、冬は最も寒い場所です。
しかもエアコンが壊れています。
何で?

また、私は食べ残しが嫌いなので、部屋にもともと食べ物を置きません。
はっきり言って生物が住む場所ではないです。

そんな部屋で、ある残暑の残る日、母の悲鳴が聞こえました。
私があわてて行ってみると、カーテンを指差しています。

カーテンにGが止まったまま、カラッカラになって死んでいました。

階下に行けば台所もあるし、弟の部屋は食べ残しだらけなのです。
それが、私の部屋なんかから侵入したばっかりに…

この時ばかりは、奴に同情を禁じえませんでした。

でも、生命力豊かなはずのGが餓死している部屋に住んでる私って…
と当時、悶々とした覚えがあります。

ちなみに実家の私のベッドは壊れています。
この間、家に帰ったら弟が私の部屋をラジコンで占拠していました。
その前はレゴで占拠されていました。

もう実家に帰りたくありません…

-------------------------------------------------------------------

では皆さんまた来週~!
次回のネタは決めてませんが、眠いので許してください。
ではでは。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。